せどり初心者がまずするべきこと

せどりは安く仕入れて高く売るという非常にシンプルなビジネスモデルです。
ただ、何も経験したことがない全くの初心者であれば何から始めて
どのようにすすめていけばいいのか分からないとお思います。

そこで今回は、初心者がまずするべきことについてまとめました。

fukugyo_top49

販売用アカウントの開設

せどりは商品を販売します。初心者が商品を販売するにはモールでの販売をおすすめします。
それは集客力が非常に高く、操作性やサポートも充実しているからです。

独自でそれらを用意するには非常に難易度が高くなります。
ですので、まずそのモールで販売ができるように販売用アカウントを開設します。

おすすめする販売先は下記の3つです。

・Amazon.co.jp

・ヤフオク

・メルカリ

この他にも楽天やヤフーショッピング、DeNAショッピングなどありますが、
手軽にすぐ始められるのがその3つです。

アカウントは住所、メールアドレス、クレジットカード(デビットカード)、
銀行口座があれば開設することができます。

メルカリに関してはスマホアプリなのでスマホも必要になります。
各サービスとも、アカウント開設時の開設やサポートもしているので簡単に即日発行することができます。

今後それらの販売用アカウントは必須になるので早めに用意しておきましょう。

不用品の販売

まずはいきなり商品を仕入れて販売するより、自宅にある不用品から出品してみましょう。

この不用品販売にはメリットがいくつもあります。
不用品販売をすることで販売の体験をすることができます。出品作業をして梱包、
発送するまでの全体の作業を体験すことができるので次回以降スムーズに作業ができるようになります。
更にその売上金を仕入れに回すことで初期費用をほとんどかけずに
せどりを開始することができます。
部屋も片付いていいことづくしです。

売れたら発送

不用品販売のあるあるなんですが、自分はもういらないという物でも
世間では需要が高い商品が多く出品した翌日には注文が入ったりするものです。
売れたらその商品を購入者へ発送してあげましょう。
発送方法は本当に様々です。商品のサイズ重量、発送先によってお得な発送方法が
変わってくるのでその辺の知識をつけることも重要です。
はじめのうちは送料の虎というサービスを利用して発送する商品がどの発送方法を

利用するのがベストなのかを確認してから発送していきましょう。
送料の虎:http://www.shipping.jp/

物量が増えてくれば配送業者と契約して、特別運賃で発送するようにしましょう。
実績があれば法人ではなく個人で契約することは可能です。

クロネコヤマトは相当な実績がなければ契約することは難しいですが、
日本郵便、佐川急便は個人やベンチャー企業でも特約運賃で対応してくれたりします。

物量が少しでも増えて来たら配送業者に交渉してみましょう。

miyasako
web twitter facebook google+1
1985年7月生まれ。株式会社トランスペアレント代表取締役。
24歳の時、一部上場の営業会社で東日本1位の営業成績を獲得し、25歳で独立をするも、失敗。職を失ったことをきっかけに、せどり(転売)を始め、これを専業として、再起を果たした。現在は、ネット物販以外にも会社を運営し、日本2社、アメリカ1社、計3社の会社を経営。その他にも、アフィリエイトのスクール運営や副業ダブルワーク大学公認アドバイザーとしての活動も行っている。