せどりの販売方法、せどった商品の売り方

fukugyo_top22
 
 
せどりは仕入れたものを販売することによって利益を得ていきますが、どこでどうやって販売すればいいのか? 売り方を紹介していきます。

せどりの売り方

せどりで仕入れた商品は、「Amazonマーケットプレイス」か「ヤフオク!」に出品していきます。ほかにも「楽天オークション」「ラインモール」「メルカリ」などのオークションサイトがありますが、何と言っても会員数の多い「Amazonマーケットプレイス」と「ヤフオク!」の2択で最初はじゅうぶんだと思います。

せどりの輸出

「Amazonマーケットプレイス」や「ヤフオク!」は国内市場ですが、世界最大のオークションサイト「eBay」だと、海外を相手にせどりをすることができます。日本で売れそうなものをeBayで安く仕入れたり、外国人が好きそうな日本のアイテムを出品したりで利ざやを稼ぐことができます。まだまだ競合相手が少ないので、高額利益も夢ではありません。海外では日本のアニメ関連グッズ(フィギュアやゲーム)や、高性能の家電などの人気があります。
英語が苦手でも、eBay公認日本語サイト「セカイモン」があるので、そこから入っていけば初心者でも世界を相手に転売が可能です。
また、Amazonは全世界版がありますので、Amazonのサイトに慣れているのであれば、アメリカのAmazonやヨーロッパのAmazonに出品してみるのも手です。
こちらも語学力がなくても、翻訳サイトがカバーしてくれます。

せどりの価格設定

「Amazonマーケットプレイス」にしても「ヤフオク!」にしても、商品を出品するときに価格を設定しますが、この出品価格は、他に出品している人の価格や、過去に売れた金額を調べて決めるようにします。過去、いくらぐらいで売れたのか相場を調べるサイト「プライスチェック」「モノレート」「オークファン」などがあります。
「Amazonマーケットプレイス」では、当たり前ですが価格が安い方が売れる確率は高いです。皆、少しでも最安値をつけようと、1円単位で価格を下げていきますが、あまりその競争には乗らない方がよいでしょう。価格以外にも商品状態をきちんと記入していれば、そこを見て買うお客さんもいますので、むやみに価格を下げることもないと思います。
「ヤフオク!」には「1円出品」や「即決価格設定」「自動延長設定」など、オークション独特のテクニックが要るものもありますので、状況に応じて使い分けます。

せどり最強の販売システム「FBA」

マーケットプレイスには「小口出品」と「大口出品」の二種類から選択が可能です。月に商品が50個以上売れるようであれば、「大口出品」の方が手数料がお得になります。そしてこの「大口出品」を選択した場合、さらに「FBA」のサービスが利用可能となります。
「FBA」は、「フルフィルメント by Amazon」の略で、Amazonマーケットプレイスの大変利用価値の高いサービスです。
「FBA」のメリットは、商品を登録すれば、Amazon倉庫に一括納品ができ、以降、売れるとAmazonが購入者に自動で商品を配送してくれるので、いちいち売れるたびに発送する手間が省けます。
また、仕入れた商品を一括納品するため、在庫のスペース確保も必要なくなります。
デメリットとしては、自己発送のときよりも若干の手数料が掛かってしまうことです。ですが大量の商品を捌く場合は、手数料分以上の魅力あるサービスといえます。

せどりの価格改定

価格改定はこまめにしていく方が、より販売の率は高くなります。ですが価格設定の項で述べたように、あまり神経質にならない程度にするのがよいかと思います。初めの頃は画面に釘付けになって頻繁に、1円でも安く価格改訂をしてしまいがちです。
商品が大量になると、この価格改訂の作業も面倒になってきます。そういう場合は、自動で価格を改訂してくれるツールが存在しますので、そういったものを使うというのも手です。「プライスター」「せどりキング4MAX」「せど楽Mk-Ⅱ」などです。

miyasako
web twitter facebook google+1
1985年7月生まれ。株式会社トランスペアレント代表取締役。
24歳の時、一部上場の営業会社で東日本1位の営業成績を獲得し、25歳で独立をするも、失敗。職を失ったことをきっかけに、せどり(転売)を始め、これを専業として、再起を果たした。現在は、ネット物販以外にも会社を運営し、日本2社、アメリカ1社、計3社の会社を経営。その他にも、アフィリエイトのスクール運営や副業ダブルワーク大学公認アドバイザーとしての活動も行っている。