せどりの梱包方法、商品を梱包する時の注意点

fukugyo_top25 
 
商品が売れたら、購入した人に発送することになります。
商品を発送する際の梱包には、どんなことに注意すればよいかを解説していきましょう。

せどりで仕入れた商品の梱包は丁寧に

商品を購入した人が気持ち良い買い物だったと思ってもえるよう、梱包は丁寧にします。そうすることによって、購入者から悪い評価を付けられるのを防げます。

中古商品の場合

梱包の前にまず値札をはがし、汚れがある場合は汚れも落とします。
値札は「シールはがし液」を使うときれいに剥がせます。使い方も簡単で、この液体を値札に染み込ませるだけ。しばらくすると、跡も残らず剥がれます。これは100均や文房具店などで購入できますが、なかでも丸善の「はがしっこシリーズ5 値札はがし」という商品はオススメです。値段は400円前後と100均よりは高めですが、液が出る先の部分に工夫がされており、とても使いやすくなっています。
値札はがし液は値札を剥がすだけでなく、ちょっとした汚れも落とせますので、せどりの梱包には必需品です。

Amazonマーケットプレイスで、FBAを利用しない自己発送の場合

注文ごとに梱包して購入者に発送します。
本やCDは事務用の封筒に入れて梱包しますが、商品の大きさに合わせた封筒を使うと見た目もきれいに仕上がります。封筒は100均などでも手に入りますが、大きな文房具店やホームセンター、ネットなどで、100枚の束など、大量に買った方が1枚当たり安く済みます。ただ、あまり安いものだと、ペラペラの封筒だったりしますので注意が必要ですが。
薄い雑誌などの場合は、厚紙で出来た封筒に入れれば配送時に折れ曲がってしまうのを防げます。
CDやDVDなどプラスチックケースに入ったものは、配送時に割れてしまう可能性もあるので、緩衝材(プチプチ)に包んでから封筒に入れます。
また、封筒の中にあらかじめプチプチが入ったものも売っています。普通の封筒に比べると値が張りますが、作業時間を短縮できるだけでなく見た目も綺麗です。

AmazonマーケットプレイスでFBAを利用する場合

商品ひとつひとつにバーコードシールを貼る必要があります。シールを直接商品に貼る場合は、剥がしやすいシールを使用します。もしくは、商品自体をクリスタルパックと呼ばれる透明な袋に入れ、外側にバーコードシールを貼ります。
次に、バーコードシールを貼った商品をまとめて段ボール箱へ入れて梱包します。この場合、段ボールのなかに隙間を作らないようにしましょう。緩衝材などを詰めて、配送中に中身が動いてしまわないようにすれば破損を防げます。FBAに送る段ボール箱は、お客様に送るわけではないので、わざわざ買わずとも、リサイクル品で構いません。

せどりにあると便利なもの・クリスタルパック

商品をそのまま封筒に入れて発送してもいいのですが、どうしても本などは配送時にスレキズが出来たり、雨の日は水濡れの心配が出てきます。気になる方は、さきほどFBAのところで紹介したクリスタルパックを使いましょう。
そこまでやる必要はない、というせどらーさんの意見もたまに聞きますが、確かに手間とお金が掛かり面倒なんですが、自分が買い手の方に回ったときのことを考えると私はクリスタルパック梱包をした方がいいと思います。
クリスタルパックは、他にOPP袋と呼ばれたりもしますが、OPPとはオリエンテッド・ポリプロピレンの略で、要するにプラスチックを原料にした透明な袋です。これで包めば、多少の中古感がある商品でもちょっとランクが上がる感じがします。クリスタルパックに入れてテープで密封すれば、水濡れもカバーできます。
これも封筒同様にさまざまな大きさがありますので、自分が扱う商品の大きさに合わせて購入するといいでしょう。

※この項で紹介した梱包の道具は、すべてAmazonでも買えます。
「値札はがし」
http://www.amazon.co.jp/dp/B000U3X0EA/
41FWBAYE+2L
 
 

厚紙封筒
http://www.amazon.co.jp/dp/B00E609ZGU/
91gC4DRmHTL._SL1500_
 
 

■緩衝材(ぷちぷち)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00IU78FES/
413ZEVhWqsL
 
 

■FBA対応サイズ ラベルシールA4判
http://www.amazon.co.jp/dp/B00DK6NMJ2/
71lLo6MVHXL._SL1500_
 
 

■クリスタルパック(OPP袋)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G5M8I42/
51zrSBF2ZgL._SL1280_
 

miyasako
web twitter facebook google+1
1985年7月生まれ。株式会社トランスペアレント代表取締役。
24歳の時、一部上場の営業会社で東日本1位の営業成績を獲得し、25歳で独立をするも、失敗。職を失ったことをきっかけに、せどり(転売)を始め、これを専業として、再起を果たした。現在は、ネット物販以外にも会社を運営し、日本2社、アメリカ1社、計3社の会社を経営。その他にも、アフィリエイトのスクール運営や副業ダブルワーク大学公認アドバイザーとしての活動も行っている。