これは違法?禁止?せどりの確定申告(税金)と法律

ちょっとお小遣いを稼ごう、といった軽い気持ちでせどりを始めた人も少なくないと思います。
ヤフオク!などは、自分の身の回りの不要品を簡単に出品できるので、
「遊び感覚で始められて、ちょっとしたお小遣いが稼げるから楽しいなぁ」ぐらいの気持ちだと思います。ですが、継続してそれなりの金額を稼いでしまうと、税金の問題が発生してきます。
ここでは確定申告と、せどりのグレーゾーン的違法性についてお話していきます。
fukugyo_top34

せどり禁止?

本業で勤める会社が副業を禁止しているところがあるかと思います。
せどりに限らず継続的に収入を得ていれば、それは副業とみなされ、問題になるでしょう。
特に公務員は副業が禁止されていますので、せどりは明らかに違法行為と言えます。
 
ですが、副業の定義をどう捉えるか、視点を変えることで、グレーゾーンではなくなってきます。
公園やデパートの屋上なんかでやっているフリーマーケット。
あれ、業者だけじゃなく、一般の人もお店を出していますよね。あのフリーマーケットだって、お金を払って中古品を売り買いしてますよね。
 
フリマがよくて、せどりはダメなのか?
フリマで逮捕されてる人を見たことはないですよね?(笑) 
 
フリーマーケットはいいんです。副業には当たらないんです。
自分で使用して要らなくなったものをリサイクする分には問題ないはずです。

せどりの違法性とは

本来、転売を目的に商品を仕入れた場合は古物営業法に抵触します。
 
転売を生業とする場合には、古物商営業許可証が必要です。
 
これは最寄りの警察で簡単に取得できます。
地域によって変動はありますがだいたい手数料19,000円ほど掛かります。
 
無許可で買取などの仕入れを独自に行うことはこの法律で禁止されていますが、
古物商営業許可証を取得すると、古本屋、リサイクルショップを開業して、公に仕入れが可能となります。
自身で買取が可能となると、買取額もこちらで決めることになるわけですから、売り上げ増加も利益率増加も見込めます。
 
ただ、古物商の免許がなくても、せどりをしている人は多数存在します。むしろ、免許がない人の方が多いぐらいです。フリマの論理と同じで、要は、転売目的かどうかは、本人の自己判断になります。
 
自分が必要とした、読むために買った本を、要らなくなったので人に譲る。
もうじゅうぶん見飽きたDVDを、他人に譲る。
 
その論理でいけば、副業とも転売とも呼べないはずです。

せどりは確定申告するべき?

その年の1月1日〜12月31日の一年間に、本業のほかに20万円以上の収入があれば、確定申告をする必要が出てきます。夫や親の扶養で主婦の方の場合は、36万円以上のようです。
20万円ということは、月に16,667円ですので、まじめにせどりをしていれば余裕で稼いでしまう額です。
納税の対象となりますので、確定申告をしてください。確定申告の初心者は、最寄りの税務署で相談可能ですので、オススメです。
また、必要事項を入力していくだけで出来る簡単な会計ソフトなどを使ってみるのもいいかと思います。
 
売上げからコストを差し引いて出た利益に応じて所得税は決まりますから、
この場合の20万とは粗利益です。コストは売上げ外なのです。
 
せどりに掛かった諸々の費用は必要経費として落とせます。せどりのために買い物をしたときのレシート、領収書は整理、保管しておくとのちのち役立ちます。
 
逆に、必要経費が多くて純利益が少ない場合などは、本業の収入と合算すると、
却って税金が安くなる場合もあるようなので、人によってはむしろ確定申告をする方がお得です。
もちろん売上げが多ければ多いほど、税金の支払いが発生してきます。
納税は国民の義務。怠らないようにしましょう。
 
詳しくは国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp/)の「確定申告特集」に詳しいです。

miyasako
web twitter facebook google+1
1985年7月生まれ。株式会社トランスペアレント代表取締役。
24歳の時、一部上場の営業会社で東日本1位の営業成績を獲得し、25歳で独立をするも、失敗。職を失ったことをきっかけに、せどり(転売)を始め、これを専業として、再起を果たした。現在は、ネット物販以外にも会社を運営し、日本2社、アメリカ1社、計3社の会社を経営。その他にも、アフィリエイトのスクール運営や副業ダブルワーク大学公認アドバイザーとしての活動も行っている。