副業で稼ぐ人だけが知ってる4つのルール

fukugyo_top8
 
 

はじめに

こんにちは、浜崎翔です。
この記事では、副業で稼ぐ人が意識している次の4つのポイントをお伝えします。

  1. 副業で稼ぐ人は、小さく生んで大きく育てることを知っている
  2. 副業で稼ぐ人は、自分の足元に水脈が通っていると知っている
  3. 副業で稼ぐ人は、何が起きても楽しむ心の余裕がある
  4. 副業で稼ぐ人は、モチベーションは継続しないことを知っている

これまで副業にチャレンジしても、
途中で挫折したという方にオススメの内容となっています。
 
 

副業で稼ぐ人は、小さく生んで大きく育てることを知っている

最初からたくさんのお金をつぎ込むようなやり方をすると、
経済的にも精神的にも苦しくなってしまいます。

この苦労は経験した人でないと分からないかもしれませんが、
お金というのは人生を豊かにするツールである反面、時に人生を狂わせる魔物になります。

「お金がない」という状況がいつまでも続くと、その事で頭がいっぱいになり、札が降る
解決策などを考えている余裕はなくなってしまいがちです。

副業において、自分の生活を脅かすようなリスクを負うようなことは絶対にNGです。
それぞれのステージでやるべきこと、できることが違います。

たとえいまはチャレンジするのが難しくても、経験や販売力、資金力を身につけていくと、
難しいと思っていたこともチャンスに変わる時期が来ます。

例:インターネット物販の話

まだまだ実力のない時期に、いきなり大量の仕入れをすることはリスクでしかありません。
売り切る自信もないうちに勝負に出ると、残ったのは在庫の山。
こういう負の遺産を抱え、副業をやめた人もいます。

しかし、販売力や資金力、適切な戦略を身につけたうえで仕入れをすると、
逆に大きな利益を得るチャンスに変わります。

副業をやり始めると、うまそうな話、儲かる話に敏感になるものです。
実力が伴うまでは、大きな誘惑に惑わされずに1段ずつ積み上げましょう。

独立資金もわずかな状況から副業をスタート

個人的な話ですが、私は十分な資金もない中から副業をスタートしました。
それからコツコツとやり続け、独立して2年程度たった今は
月に2000~3000万円の売上を作ることができました。
この間、銀行融資は1円も受けていません。

このように、副業を始めた当初に比べれば、今はできることの幅も広がっています。
実際に、海外ブランドの日本総代理店のオファーなども来ていますし、
今であれば銀行もわりとスムーズにお金を貸してくれるでしょう。

できることから1つずつ

副業からスタートして2年ほどでこのような状況なのも、
できることを1段ずつクリアしてきたからだと思っています。

また、ここまでの過程で事業が傾くリスクがあるようなことには、一切手を出していません。

それなりに売上もあると、
どこからともなく様々なコラボレーションや業務委託の話もやってきますが、
まずはひとつの事業で結果を出したかったのですべてお断りしています。

ひとつの事業を軌道に乗せる実力もないのに、
他のことに手を出しても上手くいくわけがありません。

地に足のついていない人は、少し上手くいった経験があると、自分の実力を過信しがちです。
今のステージよりも何段も上のことにチャレンジした結果、
上手くいかなくなり撤退を余儀なくされてしまいます。

これは、副業に限らずビジネス全般にいえることかもしれません。

納税日本一の実業家・斎藤一人氏は

「1億円稼ぐより、100万円損をしないことほうが大切。
次に、儲けることが大事。会社の場合なら、つぶれないことのほうが大事」

とお話しされてます。

副業でも同じことがいえるでしょう。
一つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

副業で稼ぐ人は、自分の足元に水脈が通っていると知っている

もし、あなたと同じビジネスで売上を上げている人がいるのであれば、
そこに「お金の水脈」が通っていることを意味します。

つまりは、掘れば必ず水が湧き出てくるということです。

副業を始めてみてもすぐに諦めたり、
稼ぐなんて自分には出来ないと思い込んでしまう人がとても多いです。

そんな時「このビジネスでは稼げないんじゃないかな?」と、
ビジネス自体を疑ってしまうことがあります。

しかし、現時点でそのビジネスで稼いでいる人が一人でもいれば、
あなたの能力やビジネスの相性とは関係なく、
そのビジネスにはお金を生み出せる可能性があるのです。

もし、あなたが稼げていないのであれば、
あなた自身がそのビジネスの深いところまで追求していない可能性が高いです。

あなたは今、何かしらお金の流れがあるところまで到達しているはずです。
手を伸ばし、水脈にたどり着くまで、あの手この手を駆使して掘り下げてみてください。
自分ができると思う手をすべて打ち尽くしましょう。

諦めるのはまだ早いです。

副業で稼ぐ人は、何が起きても楽しむ心の余裕がある

仕事をしていると、上手く行くこともあれば、
上手く行かないこともあります。

副業の場合も同じです。

会社に勤めていれば、たとえ自分が失敗しても毎月給料はもらえますが、
副業の場合だと無収入、もしくは赤字になってしまうケースもあります。

副業こそ、あなた自身が楽しめるものを選択するべきです。
最初は収入がなくても知識と経験を手に入れたと捉えていきましょう。

さらに、予想外のトラブルに巻き込まれることもあります。
こういう時、自分の好きでない副業であれば、挫折してしまいますが、
好きで選んだ副業なら、トラブルも楽しむことができます。

心に余裕がある人は、副業を楽しく継続しているのです。

副業で稼ぐ人は、モチベーションは継続しないことを知っている

手に入れたい物や実現したいライフスタイルがある。
だからこそ、あなたも副業を始めようと思ったのでしょう。

モチベーションは最初が最高

ただ、ここからが肝心となります。
副業は、スタートした時が最もモチベーションが高いです。

副業を始めてファーストキャッシュを得るまでは、
徐々にモチベーションは下がっていくものだと心得ておきましょう。

たとえば、最初の売上があるまでは、
このような感情が湧き出してくるでしょう。

「自分のやっていることで果たして売上につながるのか?」
「いっこうに結果が出ないが、無駄な時間を過ごしているのではないか?」
「違う副業に切り替えたほうが良いんじゃないだろうか?」

このような不安や焦りを感じることになると思います。
これが、モチベーションが下がっていく原因でもあります。

モチベーションは必ず下がります。
それを知ったうえで、事前に自分なりの対策を用意しておくといいでしょう。

下がるモチベーションをどう上げるか

涙の数だけ強くなれるよ!と音楽を聴いて気持ちを持ち直してみる
失敗を経験ととらえ続けたエジソンのような偉人の本を読んでみる
ロッキーのような熱い男の映画を観て奮起する

このように人それぞれ、スイッチの切り替え方は違いますが、
参考までに私が独立した際に刺激を受けた書籍やメルマガを紹介しておきます。

書籍 中村天風氏、「君に成功を贈る」
→成功する人の心構えの参考書。不変の哲学が記されています。
「君に成功を贈る」Amazon

書籍 高橋歩氏、「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」
→「コケたら佐川」名言ですね。本好きじゃない人にもおすすめ。20分で読めます。
「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」Amazon

メルマガ 長倉顕太氏「ナガクライズムレター」
→ちょっと過激、、、でも本質をついてて面白いです。
長倉顕太氏「ナガクライズムレター」紹介ページ
きっと自分の悩みはくだらないと思えてくるはず?!です。

他の人はこんな記事も読んでいます

多忙を極める副業サラリーマン的時間術
副業から本業へ!独立起業に必要な3つのマインド
副業から独立起業するための下準備

浜崎翔
web twitter facebook google+1
1985年1月21日生まれ(30歳) 横浜市出身
元住宅資材商社の社畜サラリーマン。

年収300万円台のサラリーマン時代、全国トップレベルの成績を残しても給料が増えない理不尽を味わう。また、役員の気分次第で突然解雇になってしまう同僚たちを横目に、このまま勤めるのは『ハイリスクローリターンだ』だと絶望し、独立起業を視野に副業をスタートする。

1円の融資や借入をすることなく、わずかな軍資金を活かしビジネスを始める。独立後2年で月商2500万円を達成。現在はインターネット通販および通販コンサルティング会社代表。

副業を通して、日本社会の『社畜サラリーマン=我慢の人生』の構図を壊し、一人でも多くの人の時間的・経済的自立の手助けをしていくのがミッション。