商品価格設定の3つのケース

これから輸入ビジネスをスタートする方、
また、スタートはしたもののまだ初受注に繋がってない方の中には、

「取り扱う商品の価格を、どのように設定すればいいか」

という悩みもあるでしょう。

そのような場合、自分ならではの(取り扱う商品特性に合わせた)価格設定基準を見つけるまでの間は、
これから説明する目安を参考にしてみてください。
スムーズなスタートダッシュが切れるはずです。
fukugyo_top51

どの販路で売る?モールor独自ネットショップ

大きく分けてAmazonや楽天市場などの、いわゆる「モール」での販売と、
独自ネットショップでの販売では価格設定が異なります。
また、モールで販売する場合、競合がいるケースと、いないケースで価格設定が異なります。

これらを3つのケースにわけると、この通りです。

1)モールで出品するが、同じモール内に競合が”いる”
2)モールで出品するが、同じモール内に競合が”いない”
3)独自ネットショップでの販売

こちらをそれぞれ順番に説明していきます。

モールで出品するが、同じモール内に競合がいる

この場合、いやが応でもお客様は価格を比較します。
一円でも安いところで購入したい・・・という心理が働くのは、あなたも一緒ではないでしょうか。

もちろん、価格以外でもレビューや納期が早い・遅いなども判断基準になることは間違いありません。
しかし、それらがほぼ同じ条件だった場合はやはり価格で判断をされてしまうことが多いでしょう。

ということは、
可能な限り競合よりも数十円、ほんの気持ち程度でいいので安く設定すると受注に繋げやすく、
販売個数も増やしやすいのです。

ただし、販売している全ての商品を競合よりも安く設定すると薄利になってしまったり、
それどころか赤字になる可能性も出てきます。その場合は、2番手の価格、3番手の価格を狙いましょう。

仮に競合が3つあるとします。
ある商品について、それぞれが3000円、3500円、4000円と設定していたとしましょう。
その際、理想は2900円で設定するのが良いですが、
もし利益が取れないようであれば、3400円に設定することをお勧めします。
それでも利益が取れなければ3900円に設定すると良いでしょう。

そうすることにより、一番最安値で出品している競合が売り切れた時や、
前述の通り価格以外の要素で購入を検討している人には、
繰り上げ当選のようなかたちで受注につなげやすくなります。

また、利益について薄利で販売するか、利幅を取っていくかの判断基準は、
持っている在庫の数や、今の価格での販売実績を参考にするといいでしょう。
もし在庫を10個持っていて、この3ヶ月売れていないような商品であれば、
薄利でもさっさと販売して、次の売れる商品を仕入れる資金に回した方が良いかもしれません。

モールで出品するが、同じモール内に競合がいない

モールでの出品時に競合がいない場合、
その商品が日本国内の公式価格でいくらで売られているかが基準となってきます。

たとえば、インテリア雑貨を販売しようとした時に、
そのインテリア雑貨の公式サイトや正規取扱いのショップの公式価格よりも高く設定すると
売れづらくなってしまいます。

理由はあなたも想像できるでしょう。お客様としては公式サイトや正規取り扱いショップで買う方が
「偽物」「劣化品」を掴まされないという安心感があります。

ということは、基本的には公式価格よりも安く提供をすることが無難です。
もちろん、公式サイトや正規取り扱いショップで完売したものであれば、
公式価格よりも高く販売することも可能です。

このケースについては、まず、あなたは何を強みで販売しているのかを考える必要があります。
即納ができるのか、返品を受け付けているのか、国内完売品を取り扱っているのか、
おまけがつくのか等、公式サイトとの違いをどこで出すかがポイントとなってきます。

特に無いのであれば、やはり安さでお得感を演出するのが、
副業を始めたばかりの人には無難で即効性が高い戦略といえます。
公式価格より高くしか仕入れられないのであれば、安く仕入れられるルートを開拓するか、
いったんその商品は保留にして他の商品にチャレンジしてみて下さい。

また、まったく日本に未上陸の商品でモールや正規取扱いショップなどもない場合、
ひとまず仮に一定の利益を乗せた金額で売れ行きを確認する必要があります。
その動向次第で少しずつ値段を調整してみてください。

独自ネットショップでの販売

独自ネットショップの価格設定基準は、 公式サイトや正規取り扱いショップが存在する場合、
その金額よりも安く設定して「こちらで買うほうがお得ですよ」というメリットを出していきます。

では、公式価格より安く設定したけれど、他に楽天市場やAmazon等で販売している競合がいたら
どうすれば良いのでしょうか。

もし、同じ商品をモールで販売している競合がいる場合、相場よりやや高めが基本になります。

理由は、モールでの販売と異なり、価格競争に陥りにくいからです。
ひと目で価格を比較しにくかったり、サービス面でも差別化がしやすいのです。

あえてインターネット上の最安値を目指す必要はありません。
それよりは顧客サービスを重視して利益を取りにいくスタンスが良いでしょう。

また、公式サイトや正規取り扱い店を含め、インターネット上に競合が存在しない場合は、
前述のモール販売時での同様のケースと同じく、
ひとまず仮に一定の利益を乗せた金額で販売をスタートして市場の反応を見ましょう。

ここに関してはお客様も比較対象が全くないため、
「その商品が適正価格なのか」という判断基準になります。

しかし「適正価格かどうか」という判断基準は、お客様それぞれによって異なります。
どうしても欲しい人と、興味本位でちょっと買ってみようかなと思った人では、
購入金額の上限が変わってきます。

まずは仕入れに対し、て一定の利益を乗せた価格にて販売して様子を見ることをお勧めします。

以上、3つのケースで説明をしました。

これは大事なポイントなのですが、どの販路で販売するにしても金額設定に関しては、
最初に設定した金額から様子を見て調整をする必要があります。

まとめ

最初に設定した金額でずっと勝負する必要はなく、最初の設定金額をベースに、
もし売れないようであれば競合の価格を調べなおしたり、販売金額を下げるなどの手を打ちましょう。
もし、仕入れられる量に限りがあるのにブレイクして売れすぎてしまうようであれば、
値段を上げてみたりと調整しながら運用していくことが肝となってきます。

売れない商品をいつまでも持っていても仕方ありません。
そして、売れるとわかっている商品をあえて薄利で売る必要もありません。

この感覚がつかめてくると、商品の回転と利幅のバランスが取れるようになり、
さらに輸入ビジネスが加速することでしょう!

浜崎翔
web twitter facebook google+1
1985年1月21日生まれ(30歳) 横浜市出身
元住宅資材商社の社畜サラリーマン。

年収300万円台のサラリーマン時代、全国トップレベルの成績を残しても給料が増えない理不尽を味わう。また、役員の気分次第で突然解雇になってしまう同僚たちを横目に、このまま勤めるのは『ハイリスクローリターンだ』だと絶望し、独立起業を視野に副業をスタートする。

1円の融資や借入をすることなく、わずかな軍資金を活かしビジネスを始める。独立後2年で月商2500万円を達成。現在はインターネット通販および通販コンサルティング会社代表。

副業を通して、日本社会の『社畜サラリーマン=我慢の人生』の構図を壊し、一人でも多くの人の時間的・経済的自立の手助けをしていくのがミッション。