ネット物販で成功するための出荷テクニック(輸出編)

輸出転売を実施する際に、
成功のカギを握っているのが「物流」です。
 
多くの物販事業をやったことの無い人は、
自分で出荷したほうが安上がりだという先入観を持っています。
 
そんな人が副業を行う際に、自ら検品、伝票作成、梱包、運送会社など依頼などを行うことで、
一番貴重である時間を浪費してしまい売上UPの機会損失を生み、
結果として、折角自分で出荷しても最終的にコストが高くケースも多々あります。
 
個人や小規模事業者ですと、海外に商品を送るために、物流会社に仕事を依頼することも、
ハードルが高いイメージがあるかと思いますが、実際はとても簡単です。
そのポイントについてお話しをしていきます。
fukugyo_top47

海外に商品を出荷する方法

まず、海外に商品を発送する場合の手段として2つあります。
1つは飛行機を利用した「空輸」と、船を利用した「船便」です。
 
「空輸」は飛行機を利用しますので、発送から到着までの日数が短く速く届けることができ、
料金は高めとなります。
また、航空会社や輸送会社の規定により、送ることのできる商品に制限がある場合があります。
 
「船便」は船を利用しますので、発送から到着までの日数が長いので到着が遅く、
料金は「空輸」と比べてかなり安いです。
しかし、個人として利用するにはオススメができません。
 
一般的に、日本国外に商品を発送する方法としては日本郵便のサービスを利用することが多く、
こちらはほとんど「空輸」になります。
 
日本郵便のサービスとしては

1 エアメール(主に郵便物等を発送する際に利用)
2 スモールパケット(国際小包)→小さくて軽い小包を発送する際に便利です。
3 EMS(国際スピード郵便)→大きな荷物を発送する際にはこちらが主流です。
4 国際eパケット(スモールパケットよりも速く、EMSより時間がかかる)

が代表的なものとなります。
いずれも、最寄りの郵便局に商品を持ち込んで、
決まった書式の伝票等を記入し、貼り付けるだけで発送が可能です。
 
最初は伝票に記入する部分が多いように感じますが、
実際には日本国内で宅配便の伝票を書くのと同じような感覚でできます。
 
その他も出荷方法についてはヤマトや佐川急便等でも国際宅配便のサービスや、
DHL、フェデックス等の海外の会社も日本法人があるので、出荷をすることができますが、
日本郵便のサービスと異なり、企業向けなので料金は高めの設定になっています。

物流会社に依頼すると自分でやるより安くなるって本当?

これは、「本当」です。

国際運送会社は、沢山の荷物を出してくれる顧客が欲しい故に国際運送会社は
物流会社の物量によって運賃の値下げをしてきます。
出荷量つまり物量が多くなれば多くなるほどわけです。
 
個人で物流会社と同じぐらいの運賃契約をお願いしようと思っても
相当な取り扱い量となってしまうためほぼ不可能です。
個人で割高な運賃で細々と発送をするよりも物流会社にお願いをしたほうが安く送れます。

海外に商品を送る際の梱包テクニック

テクニックというほど大げさなものではないのですが
基本的なこととして覚えておきたいのが海外の物流会社は荷物の扱いがものすごく雑です。
 
そして、日本という国の物流サービス自体が世界と比較すると、とても丁寧なのです。
 
ですので、甘い梱包で輸出をしてしまうとボコボコになってしまい、
最悪の場合は破損、故障等の原因になり、
それを海外の運送会社にクレームをつけてもまともに取り合ってくれない可能性もあります。
 
そのためこれでもかというぐらい頑丈な梱包を施した方が良いでしょう。
どれだけ梱包をしても、壊れる時は壊れるものですが、
破損のリスクを可能な限り無くすことに繋がります。
 
また、海外では、貨物をポイポイ投げますので丈夫なダンボールではないとすぐに破損しますので
上部なダンボールに入れることをオススメします。
プチプチ(緩衝材)等を使用して、外部からの衝撃から商品を守ることもお忘れなく!
 
結論として、普段日本の業者がやっているような梱包であればほぼ問題がありません。

物流会社の比較

比較というと大げさかもしれないのですが、やはり物流というと対企業向けのサービスが多いので、
個人の方がイチから探すとなると結構骨が折れる作業です。
 
また、物流会社の特徴として古くからある物流会社であればあるほど、
TOPの方がネット通販とかに明るくなく、結構アナログなところが多いです。
 
そのため、海外への輸出のための業者ということになると結構限られ、
実績があって海外向けのサービスを展開している大きな会社というのは
そもそも個人の契約を受け付けてくれなかったりサービス自体が悪い所も多いです。
 
副業として輸出をやるためには個人レベルであっても対応をしてくれて、
なおかつレスポンスが早かったりなどフットワークが軽い、
ネット通販にも明るいところが望ましいです。

最後に

副業ダブルワーク大学でも紹介している
輸出転売を行う際に物流会社を検討される場合には、

既に様々な著書でも紹介されている
ネット物販物流業界の老舗である、
「田中物流」をお勧めします。
http://tanaka-logistics.com/

インターネットを利用して日本の商品を海外に発送する事に特化しており、
スタッフは全て日本人で梱包方法等も熟知しておりますので
お客様から預かった商品を破損させることなく
海外にお届けるお手伝いをさせていただいているエキスパート集団です。
http://tanaka-logistics.com/