Amazon輸出のリサーチツールで売上10倍を目指そう

手動のリサーチ方法をご紹介してきましたが、
「やっぱりツールを使って無在庫で一気に出品した方がいいな」
と思われている方もいらっしゃると思います。
ここでは、リサーチツールを選択する上での重要なポイントをご紹介したいと思います。
fukugyo_top44

リサーチツールを利用すると売上が10倍になる???

少々タイトルを偽ったかもしれません。。。

なぜなら前の章でご紹介した手動のリサーチを続けるだけで相当の売上が見込めますので、
リサーチツール単体で10倍の売上というのはもしかしたら難しいかもしれません。
 
では何を基準に?という話ですが、
私は手動リサーチとリサーチツールのハイブリッド運用がベストだと思っています。
 
その理由ですが、それぞれ適材適所で活かすポイントがあり、
 
手動リサーチは、
今売れている商品、リサーチツールでは見つかりくい競合の少ない商品を探し出す事ができます。
ただ、商品数という意味では手動である為、スケールしにくいです。
 
リサーチツールは、
利益のある商品を大量出品することで、広く浅く商品が売れ、どのような商品に購入者のニーズがあり、
今後売れていきそうか、市場の動きが分かります。
ただ、商品数は多く出品できますが、ツール利用者は多い為、競合が多いのも実情です。
 
手動リサーチは、競合が少なく売れる商品を見つけられますが、商品数がスケールしない。
リサーチツールは、競合が多いけど、商品数が多く、今後売れていきそうなものまで見つけられる。
 
この2つを組み合わせると何だか上手くいくような気がしませんか?
 
例えば、リサーチツール経由で出品した無在庫出品の商品が売れた場合、このまま売れる商品なのか、
類似製品も含めて手動リサーチで検索することで商品の幅が広げられそうです。
 
また、売れると分かればFBA納品をして在庫を持つ形でどんどん売っていけばよいので売上も拡大しそうですね。
 
ですので、ここで10倍の売上と言っているのは、リサーチツール単体の話ではなく
手動リサーチとの相乗効果によって、売上が10倍になるということなのです。

理想から考えるAmazon輸出のリサーチツール

それではamazon輸出を行う上で、どのようなリサーチツールが良いのでしょうか?
ネット上を検索すると有料から無料まで結構数がありますので、正直迷ってしまいます。
 
この場で、特定の有料リサーチツールをご紹介するつもりはありませんが、
どのような機能があると便利かと言いますと、
 
一般的にツールとして多いのが
ASINを入れると日本と他国のamazonで出品されている商品の価格差情報やカテゴリ、
ランキング、重量等がリスト化されるというものです。
 
07013-1

ただ、ASINってどうやって集めるのでしょうか?
一個ずつ調べていくのではなく、セラーを識別するセラーIDをキーにしてそのセラーが
出品しているASINをリスト化してくれるツールがあったりします。
 
もしくはASINを集めるのではなく検索ワード、例えば、japan importと入れた
商品の結果を表示してくれるツールも増えてきているようです。
 
では、結局何が良いのですか?という話になりますが、私が思うリサーチツールの理想から言いますと、
輸出している日本セラー全ての商品が日本との価格差やカテゴリ等の検索条件で
フィルタできるようリスト化されているファイルを作成してくれるものになります。
 
もしあったらスゴイですよね?
 
細かいことは除いていますが、更にこのツールが昼夜ずっと動き続け
常に最新データが手元にあれば、どうでしょうか?
 
欲をいうと、在庫状況とかも分かると嬉しいですが・・・そこまでは言いません。
 
稼げそうなイメージが湧いてきませんか?
 
既に近いツールはあると思いますし、どうやって運用していくかスキーム作りも大変なので、
一概にデータがあれば良いというものではないですが、
単純にツールという観点で考えると、欲しくなりますよね。
 
まずはこのように理想を考えた上で、いま存在するツールはどの部分が対応できて、
足りない部分は手作業で埋められるか、という視点で選んでいけば良いと思います。
 
そうなると、
まず手始めにセラーIDかASINから商品をリスト化できるツールがあると良いかもしれませんし、
稼ぎ始めてきたら、もっとこうしたいとツールに対して思うことが出てきますので、
SOHO等にツールを開発してもらうことも可能になります。

まとめ

手動とツールのハイブリッド運用による相乗効果と理想のAmazon輸出ツールのお話をしましたが、
如何でしたでしょうか。
 
実際はいきなり並行するのは難しい為、どちらか一方から始めるべきだと思いますが、
私であれば、 まずは手動リサーチで販売をして感覚を掴む
もっとやりたければ、手動リサーチを極める
そうでなければ、リサーチツール利用してハイブリッド運用を目指す
このようなイメージをしています。
 
手法は違えど、最終的なゴールは同じだと思いますので、
とにかくまずはやってみましょう!

kiryu
web twitter facebook google+1
妻、子供2人と暮らす本当にごくごく平凡なサラリーマン。

ある時、1日の大半を寝るか仕事するか、子供と遊ぶか
家事を手伝うくらいしかしておらず、自分の時間が全く
無いことに気づく。むしろやりたい事が無い状態。。。

このままではダメ人間になってしまうと感じ、何か面白い事
ができないか探してみることに。

せっかくなら遊びや習い事ではなく、本業とは違うビジネス
を副業としてやってみたら色々な人に出会えるチャンスも
増えるし、面白いのでは?と思い、そこでamazon輸入ビジネス
に出会う

半年やってみて利益も数十万という状況でこれからだったが、
本業の忙しさと子供が産まれるというタイミングも重なり一時断念

1年が経ち再度チャレンジすることを決め、日本の”モノ”を世界中
で使ってもらう事への喜びをモチベーションにamazon輸出をスタート

FBAを中心に商品ラインナップを数多く揃え、年商数千万規模に成長

現在はマンションオーナーとして3棟を所持するサラリーマン大家と
しても活躍中で、ハイブリッド型サラリーマン副業家として現在に至る

最後に一言、サラリーマンは絶対に辞めません!!!笑