Amazon輸出に必要な無料ツール6選

Amazon輸出に必要な無料ツール6選
 
 
こんにちは、サラリーマン実業家の桐生秀征です。
このページでは、Amazon輸出を始める前の準備とツールについてまとめています。

Amazon輸出を始める前に、知っておかなければいけないのはツールについてです。ツールを如何の有効活用できるかは今後の売上を左右する要素です。

Amazon輸出で使う無料ツール6つを紹介

ただ、配布されているツールも、いきなり費用が発生するものから無料のものまで様々です。結局どれを使えば良いの?という質問も良く受けるのですが、まずは1商品でもよいので出品して売り上げてみよう、できるだけ初期費用をかけずに使えるツールを紹介します。

各国の商品価格差をあっという間に表示するAmadiff(アマディフ)

・ブラウザにGoogle Chromeを利用
・拡張機能にAmadiff.comをインストール
https://chrome.google.com/webstore/detail/amazon-international-pric/fgkgjaeeajfkgjmmpdgcocokcfgbfcoc?hl=ja

これだけです。

Amadiff.comをインストールするとリサーチした商品の下部に各国の出品金額(Amazon/New/Used)とランキングが表示されるようになります。

07008-1

ASIN(注1)を入れると価格差が出るようなツールはよくありますが、そのツールにASINをコピペするだけでもちょっと手間ですよね。もしその時間が30秒かかるとしたら100商品リサーチすると、50分になります。これから何千、何万とリサーチをする必要がありますので、積み重なると膨大な時間の節約となりますので、商品リサーチをしながらパッと価格差がイメージできるのは有効な手段です。

注1)ASINとは?

「ASIN」は、「Amazon Standard Identification Number」の略で、Amazonグループが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10桁の固有番号で、Amazonサイトの商品詳細ページに表示されています。書籍の場合、Amazon.co.jp カタログではASINはISBNの番号が使用されていますが、CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、ゲームなど書籍以外の商品は、新たな商品のカタログをアップロードする際にASINが作成されます。
商品詳細ページに表示されるASINには、各商品の寸法やページ数(書籍の場合)、CDの枚数(CDの場合)など、商品に関連する情報も含まれています。
引用元:Amazonヘルプ

amazonの手数料をあっという間に表示するCalculator Widget

・ブラウザにGoogle Chromeを利用
・拡張機能にCalculator Widgetをインストール
https://chrome.google.com/webstore/detail/calculator-widget/cpplagdendnkjkiaiaijfphiflaflinc

これだけです。
Calculator Widgetをインストールすると、ブラウザの右上に07008-2アイコンが表示されるようになるので、このアイコンを押すと、amazonが提供する手数料を計算するサイトに飛ぶことができます。

商品の売れゆきを調べるtakewari(たけわり)

・takewariを利用
http://www.takewari.com/

07008-3

各国のamazon出品している価格が一目で分かりますよね。

ただこれで売れ行きってどうやって分かるのでしょうか?

実はランキングを見ていまして、商品が売れたり、売れなかったりすると、ランキングが変動します。売り上がるとランキングが上位へ変動しますので、その変動した回数=売上個数として計算をしています。この例は1ヶ月で10回程度変動していることが分かりますので、10個売れたことが推測されます。

過去の最安値のトレンドを調べるモノレート(旧アマショウ)

モノレート(旧アマショウ)を利用
http://mnrate.com/past.php?i=All&kwd=B004ECLQHQ&nc=us

07008-4

過去の出品金額のトレンドを調査することで、現状が今までの相場より高いのか低いのかを判断することができます。日米の価格差もありFBA出品してみようと思ったのですが、結局価格を下げて、利益ゼロ、もしくはマイナスに陥ることはよくあります。その理由は

  • ・リサーチ時にたまたま競合セラーが売り切れている状態で、高めに料金設定をして利益が出ると思い出品してしまった。
  • ・年末等の商戦時期で価格が高騰していた

等があげられます。その際、本ツールを利用すると過去の最安値を確認できますので、現時点がいつも通りの金額か、それとも突発的に価格が上がってしまっているのかを判断できます。

日本のamazonで安く仕入れるcamelcamelcamel(キャメルキャメルキャメル)

camelcamelcamelを利用
http://camelcamelcamel.com/

07008-5

仕入れをする際、利益を出す為には一円でも安く仕入れたいと思いますが、本ツールを利用することで、指定した金額を下回るとメールで通知をしてくれる機能です。Amazonでしか利用できませんが、意外とAmazonだけでも利益の出る商品も多い為、使えます。

日本のamazon以外でも安く仕入れるべんぞ〜

べんぞ〜を利用
http://kaimono.benzo.jp/

07008-6
仕入れ先はamazonだけではなく、楽天やYahooから購入するケースも多くあります。本ツールでは、amazon, 楽天、Yahooの出店者情報を検索し、まとめてランキング形式で表示してくれる機能になります。とにかく最安値でというであれば安値順でソートするだけですので、どこから購入すべきか悩む場合も非常に効率化できそうです。

まとめ

無料ツールだけでも結構あります。でも、全てを使わなくても、自分に合ったツールを使いこなしていくことが成功への近道ですのでまずは触ってみましょう。
成功している人は自分流にカスタマイズしていますよ。

▼次はアカウント登録についてこちらで説明しています▼
※[kizilink id=”519″]

▼こんな記事も読まれています▼
※[kizilink id=”505″]
※[kizilink id=”504″]

kiryu
web twitter facebook google+1
妻、子供2人と暮らす本当にごくごく平凡なサラリーマン。

ある時、1日の大半を寝るか仕事するか、子供と遊ぶか
家事を手伝うくらいしかしておらず、自分の時間が全く
無いことに気づく。むしろやりたい事が無い状態。。。

このままではダメ人間になってしまうと感じ、何か面白い事
ができないか探してみることに。

せっかくなら遊びや習い事ではなく、本業とは違うビジネス
を副業としてやってみたら色々な人に出会えるチャンスも
増えるし、面白いのでは?と思い、そこでamazon輸入ビジネス
に出会う

半年やってみて利益も数十万という状況でこれからだったが、
本業の忙しさと子供が産まれるというタイミングも重なり一時断念

1年が経ち再度チャレンジすることを決め、日本の”モノ”を世界中
で使ってもらう事への喜びをモチベーションにamazon輸出をスタート

FBAを中心に商品ラインナップを数多く揃え、年商数千万規模に成長

現在はマンションオーナーとして3棟を所持するサラリーマン大家と
しても活躍中で、ハイブリッド型サラリーマン副業家として現在に至る

最後に一言、サラリーマンは絶対に辞めません!!!笑